憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

奈良国立博物館で開かれる「正倉院展」とは!?

旅行

奈良国立博物館で開かれる「正倉院展」とは!?
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

正倉院展“脇役”もキラリ 植物編んだ箱、職人技に注意 奈良国立博物館(奈良市)で開催されている「第68回正倉院展」。

ペルシャ風水差し「漆胡瓶(しっこへい)」をはじめ、屏風(びょうぶ)や大幡(だいばん)(大型の旗)など華麗な宝物に目を奪われがちだが、植物で編まれた箱など一見“脇役”のような品々に目を向けるのもいいかもしれない。

 ガラスの向こうに植物で編まれた楕円(だえん)形の素朴な容れ物が展示されている。

「藺箱(いばこ)」という名だが、植物の種類は特定されていないという。

一見すると民芸品のようで異色に思えるが、れっきとした宝物だ。

 「白葛箱(しろかずらのはこ)」は同種のものの調査からアケビが使われているとみられ、横長の花菱文が各所に整然と施されていて、美しい。

「柳箱」は円形で、革帯が納められていたという。

蓋(ふた)、身ともに柳とみられる細枝を絹糸で編んで、縁にエゴノキの薄板をめぐらせ、蓋には菱文を編み出している。

 一方、「●(=木へんに便)楠箱(べんなんのはこ)」は仏にささげる品を納めたという献物箱。

●(=木へんに便)楠はクスノキの根元や土中根から得た材質をいい、箱表面の木調が目を引く。

「銀平脱箱中蓋(ぎんへいだつのはこのなかぶた)」(箱の懸子(かけご))は、各辺が波形となっている浅い容器。

同館の清水健・工芸考古室長は図録で、「唐櫛笥(からくしげ)(櫛などを入れる台のある箱)のような調度品の局所が遺ったものかと想像される」と記していて、興味深い。



『海の正倉院』、絶海の孤島・沖ノ島

正倉院展、明日から 宝物64件を公開、奈良

あすから正倉院展

皇太子さま、「海の正倉院」展示会を訪問(14/09/22)

第66回正倉院展へ行こう,2014/11/8(平成26年)

正倉院展始まる 奈良

藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
1
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

カテゴリー

月別アーカイブ

憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!